女の人

PMSの症状を改善するために│手軽にできる工夫

原因や症状

生薬

女性ホルモンとの関係

更年期と呼ばれる40代から50代にかけて女性の多くが体験するのが更年期障害です。本来ならば脳から卵巣へ女性ホルモンの一種であるエストロゲンを分泌するように命令されるのですが、作り出す力がなくなっていますから、脳から命令をしても新たにエストロゲンを作りだすことが出来なくなります。その矛盾の結果、様々な症状が身体と心に現われるのです。更年期障害は自律神経失調症の一種でもありますから、精神的に不安定に陥りやすいのです。イライラしたりうつになったりと精神状態が乱れてしまい、感情を制御出来なくなるケースもあります。また、肉体的には発汗やのぼせなどが現れて体調不良が続いたり睡眠や食欲に障害を感じることがあります。

症状の抑え方

更年期障害の症状が現れたら漢方を服用してみてください。ホルモンバランスを整えるような漢方もありますし、更年期用の漢方は薬局や通販でも購入可能です。漢方の良いところは身体にリスクがないという点でしょう。病院で処方されるホルモン剤や安定剤は即効性があるものも多いのですが、効果が高いこともあり副作用が出やすいのです。しかし漢方ならば身体に害もありませんから安心して摂取することができます。更年期の症状は人によって感じ方が変わってきます。更年期に差し掛かると生活や環境が目まぐるしく変化することも多いですから、ストレスも感じやすくなります。ストレスが原因で更年期の症状を重くしてしまうので、休息をとることも症状を緩和させるためには大切なことです。