女の人

PMSの症状を改善するために│手軽にできる工夫

血液検査の情報を確認

ジョギングする夫婦

ヘモグロビンa1cは、糖尿病などの血液検査の数値による一項目として確認する事ができる数値です。ヘモグロビンa1cとは、そもそも血液中の中を流れているヘモグロビンという成分の一種類になります。ヘモグロビンは肺から取り入れられた酸素を血液中に取り込み、内臓や人体の各器官へと酸素を運んだり、他にも栄養素を血液に乗せて働く機能を持っている大切な成分です。ヘモグロビンは、ブドウ糖を含むとヘモグロビンa1cという物質に変化する性質を持っているという特性があります。ヘモグロビンa1cに変化してしまうと、当然血液中には多くのブドウ糖が多く含まれていることが把握できるので、糖尿病予防のための検査にはかかせない検査項目のひとつなのです。

ヘモグロビンa1cは数日程度の期間において体内から排泄されます。この時に腎臓から尿として古くなったヘモグロビンや、ヘモグロビンa1cが排泄される仕組みになるのです。こうした理由からも、糖尿病の患者さんやその予備軍とも呼ばれている人の尿にはヘモグロビンa1cが過剰に含まれていることになります。だから尿の中に糖分が含まれているというよりは、ヘモグロビンa1cの中に取り込まれて尿から糖が排泄されている事で、新陳代謝のバランスが取られているという事になっているのです。血液検査の数値でヘモグロビンa1cが多く含まれているとわかったなら、適正な数値にするために生活習慣を改善する工夫を行う必要があると言えるでしょう。